hitorimiのブログ

1983年生まれのなんて事はない普通のサラリーマンの日常です。

俺に価値なんてない。

惚れた女の子に、「◯◯さんは恋愛対象にはみれないから気持ちには応えられない」と振られた。


振られたけど「今はそれでいいよ、すぐに恋愛しようなんて思わなくていいし、応えようとかも思わなくていいから、好きでいさせて。」と、キープ君になった。


別にいい、キープで、いいよ。

いいんだけど。


自分の価値のなさに心底絶句した。

俺の価値なんて、もうないんだろうな。


おしゃれに気を使っても、トーク頑張っても、好きな人は1人も振り向いてくれない。


また、生きる目的を失ってしまった。