hitorimiのブログ

1983年生まれのなんて事はない普通のサラリーマンの日常です。

もうウンザリだ。

親よ。


早く帰ってくれ。


そしてもう姿を現さないでくれ。


私の親は離婚しています。


母親の浪費癖と、性格がねじ曲がった父親が、当然のように価値観が合わず、僕が思春期に離婚しました。


そんな家庭に育ったからかわかりませんが、13歳ごろからこれまで、ずっと反抗期です。


きっと、これからもずっと変わらないんだろうな。


親に感謝なんかしません。

金だけ置いていけと思ってるし、老後のケアなんかしたくありません。

自分で老人ホーム入って自分が死んだ後も、自分で葬式やってくれって感じです。


ただ、金や遺産はもらいます(あればですけど)。


親不孝なんて思われようがなんだろうが、嫌いなものは嫌いだし、好きになろうなんて一切思いません。お金だけくれ。

負の遺産なら放棄します。


僕にとって親は、お金でしかありません。

それ以外の面倒ごとは全て放棄します。


『なんてやつだ』

上等です。


『親に感謝しろよ』

は?そんなのしたいやつだけやってろよ。


『血が繋がってんだから』

…だからなに?嫌いなもんは嫌いだよ。


『子は親を介護すべし』

血が繋がってたら介護しなきゃいけないルールでもあんの?こっちになんの得があるの?

時給5万円くらいならやる(アウトソースするけど)、俺は直接やんない。


『そんな奴に遺産なんかやるか』

くれ、それとこれとは話が違う。よこせ。


僕はこんな人間です。